takamichi hiroi

 

2010年より活動を始める。
活動当初、数学的なグルーヴにフォーカスした高解像度な電子音響、ノイズミュージックを制作。
2011年2月からの10ヶ月の活動休止を経て、現在ベースミュージックを主体とした楽曲を制作、都内各所でのライブを行っている。http://soundcloud.com/takamichiroi

ex.it:


1988年生まれ、東京在住。
2005年からオリジナルの楽曲によるバンド活動、2008年からはそれに並行してDJ活動も始める。
ポストハードコアやノイズ、エレクトロニカなどの多様な音楽的背景をもとに、2010年からDTMによる音楽制作を開始する。

Masashi Ximoto

 

「東京都在住複雑なビートと激しく変わる展開に浮遊感のあるサウンドをミックスしたIDM作品を中心に制作している。on sunday recordingsよりEPを2作品、コンピレーションアルバム、リミックスアルバムに参加。自身のbandcampでもミニアルバムを配信中。また、別名義 crashing down from the gravityとしてセラミックレコーズよりEPをリリースしている。」

 

water and virus(ウォーターアンドヴァイラス)

 

chiba ryoによるソロユニット。主にエレクトロニカ・アンビエント・実験音楽を制作。iTunes、ネットレーベル(anything records mayoware records)で楽曲を配信。ハードシンセで制作した音源をパソコンで大きく変化させる制作スタイル。水辺や深い深海を漂うようなサウンドが特徴。今後はCD-RレーベルInn musicでの映像作品のBGM提供や、10月中は航空会社ANA機内でのwmibaチャンネルにて楽曲放送を予定。